行動する前に考えてしまうこと


ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

声優・ナレーターの鈴木健人です。

今回は、「行動する前に考えてしまうこと」

についてお話しします。

 

 

今日、ある実業家がfacebookに投稿した

こんな言葉に出会いました。

 

『現実が予想と違うこともある。それはやってみないとわからないこと』

 

この言葉は、先のことを考えすぎるあまり

行動を起こせずにいる人達に宛てられた

アドバイスの一節です。

 

「やってみないとわからない」

 

これって当たり前と言えば当たり前なんですが、

わからないことをやってみるのって

想像以上に勇気が要るものですよね。

 

だからこそ、行動する前には

「本当にやってみて大丈夫なんだろうか」

「自分には難しすぎるんじゃないだろうか」

と、色々なことを考えてしまうのが人間です。
 



 

”やりたいこと”はやっていい

基本的に、「やりたいこと」って

誰にでもあると思うんです。

 

「綺麗なお姉さんとデートしたい」

「海外旅行に行きたい」

「芸能人になりたい」

 

ただ、それが日常からかけ離れていると

「そんなことして大丈夫なのかな……」

「自分には向いてないんじゃないかな……」

と、少なからず不安が湧き上がって来るものです。

 

僕なんかも完全にそうですよね。

「なんかわかんないけど俳優とか歌手になりたい」

「印税で暮らしたい」

 

そんな願望がわずかながらあって、

だけど一方では

「まぁ現実の俺は毎日ファミコンやってるだけだしなぁ」

「せいぜい寝る前の妄想で充分だべ」

みたいな考えの方が勝っていた訳です。

 

それが、今ではありがたいことに

僕の声がれっきとした商品として

売買されるまでになりました。

 

妄想で終わってた当時から見れば

「自分の声がお金で売れる」なんて

本当にあり得なかったことです。

 

まだまだ大成功とは程遠いものの、

あり得なかったはずのことがこうして現実になったのは、

「やってみたから」

なんですよね。

 

そして、実際に行動してみてわかったのは、

「不安に思う必要なんてなかった」

ということです。

 

具体的にやるべきこと

僕もある日突然声優になった訳ではなくて、

「妄想しかしてない」時期と

「仕事として声優をやっている」時期には

ちゃんと「中間」の時期がありました。

 

ではその時に何が起こったかというと、

「今できること」

をやっていただけなんです。

 

最初は予備知識もゼロの全くの素人なので

当然、具体的なことは何一つ出来ません。

 

なので、ネット上に落ちてる台本をとりあえず読んでみるとか、

『声優になる方法』とGoogleで検索してみるとか、

本当にそんなことから始めました。

 

それでいいんです。

 

どんなに小さなことでも、

それが「今」できるベストなんですから。

 

そこを乗り越えたら、

次はもう1ランク高度なことが

出来るようになっています。

 

「やりたいこと」は人それぞれですし、

そこに向かう道筋や順序も1人1人違って当たり前です。

 

例えば僕にメールしてみるだけでもOKです。

 

「こんなんでいいのかな……」

と思うような小さな1歩が、

人生のターニングポイントになることもあるのです。

 

まずは一度考えるのをやめて、

何でもいいから1つ行動を起こしてみてください。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

bigmeilmag

※読んでくれた方はfacebookにシェアしてくれると嬉しいです↓

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ