【だから上達しない】声優でも俳優でも演技のコツは同じ【よくある勘違い】


【だから上達しない】声優でも俳優でも演技のコツは同じ【よくある勘違い】

ケント

こんにちは、鈴木健人です。

 

声の出演より事務的な仕事に忙殺される今日この頃、

メルマガ読者の方から

久々に声優らしい質問をいただきました。

以下は実際にいただいた質問文(一部改稿あり)です。

 

キャラクターの感情を読み取るのが苦手でなかなか感情の伴った演技が出来ず悩んでいます。

【質問なのですが、どう工夫すれば感情を読み取れるようになり、感情が伴った演技が出来るようになるでしょうか?】

よろしければ何かアドバイスいただければなと思っております。

Wさん、ご質問ありがとうございました。

 

質問の要旨をまとめると、

  • 役の感情を読み取るにはどうすればいいのか
  • 感情の伴った演技をするにはどうすればいいのか

ということですね。

 

『演技と感情』については、基本的なことだけに、

役者なら誰もが一度は悩む部分だと思います。

 

今回はしっかりと感情の伴った演技をする為に

必要な考え方をお話しします。

 

 



 

まず『演技とは何か』を理解する

そもそも『演技』とは何でしょう?

 

演技のプロでありながら、

『演技とは何ですか?』

と聞かれると言葉に詰まる人が多いです。

 

自分が取り組んでいるものが何なのかをわかっていなければ

当然上手くなるはずもありません。

 

僕自身は、

演技とは『設定に基づいた生き方/振る舞い』

だと考えています。

 

『格好いい声で台本を読むこと』でも

『書いてある台詞に感情を込めること』でも

ありません。

 

というか『演技に感情を込めよう』とした所で

何度やっても違和感ばかり残って上手く行きません。

 

 

 



 

「演技に感情を込める」のは間違い

ちょっと一旦演技のことは忘れて

過去を振り返ってみて欲しいんですが、

大切な人と喧嘩や言い合いをしたことって、誰しもありますよね。

 

その時の気持ちってどうでしたか?

 

『お、これは喧嘩する場面だな……じゃあ怒りを込めてキツい言葉を使おう。落ち着いたら後悔しよう』

と思いましたか?

 

逆ですよね。

『腹が立ったから口調がキツくなった』

んですよね。

 

それで

『落ち着いて来たら申し訳なくなって後悔した』

んですよね。

 

【感情の方が先】です。

【台詞は感情の結果】です。

 

それは演技の時も全く一緒なんです。

 

感情が出来ていれば

台詞は自然と【感情を伴って】出て来ます。

 

 



 

まとめ

感情が出来ていれば演技は自然と付いて来るんです。

 

台本上の台詞に対して感情を込めようとしても

気持ち悪いことになるだけなんです。

 

とはいえ……

でもね、わかるんですよ……

感情が後回しになっちゃう気持ち。

 

 

「だって台本通り読まないとストーリー進まないじゃん!」

「感情待って黙ってたら監督に怒られるのがオチじゃん!!」

「じゃあとりあえず台詞だけでも読んでおかなきゃってなるじゃん!!!」

 

ってね、僕だって何度も思いましたよ……。

 

そして、肝心の

『じゃあその感情とやらはどうやって作るのか』

という所をなぜか誰も教えてくれないっていう。

 

僕自身が苦労して来たからこそ、

僕の講座ではそこは決してうやむやにしません。

 

次は「どうすれば演技の中で自然な感情が湧いて来るのか」

という役者にとって究極のお話をします。

続きを読むにはここをクリック!→(準備中)

 

↓この続きはメルマガでも配信中。登録しておくと見逃しを防げます↓

 

bigmeilmag

※読んでくれた方はfacebookにシェアしてくれると嬉しいです↓

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ