映画「アポカリプト」ネタバレレビュー①


マヤ文明の終わりを描いたメル・ギブソン監督の映画

「アポカリプト」

 

以前にもこちらの記事で扱いましたが、

「ネタバレありで内容が知りたい」

という要望が多かったので、今回はもっと

ストーリー部分に踏み込んで書いていきたいと思います。

 

ネタバレ情報満載になりますので、

それはまだ聞きたくない、という方は

この記事が存在したことは忘れてください。

 



 

「アポカリプト」とは何なのか

「アポカリプト」という言葉はギリシャ語で

「物事をあらわにする」

という意味があるそうです。

 

この映画に当てはめて考察するなら、

世界に対して「マヤ文明の秘密を明らかにする」映画であると共に、

聖書に出てくる「黙示録(アポカリプス)」

を象徴するタイトルと捉えることもできます。


10023933573
ameblo.jp

 

冒頭場面 - 名も無き村の生活

スペイン人が侵攻して来る少し前のユカタン半島。

 

ジャングルの奥地でひっそりと暮らす主人公ジャガー・パウ

その仲間達の賑やかな生活から、物語は始まります。

 

ジャガー達は険しい森の中で罠猟をやっているんですが、

猛スピードで駆け抜けていく巨大なイノシシが

罠にかかって串刺しになるシーンは圧巻です。

 

村では狩人達の妻や子ども達が待っています。

いわゆる裸族なので、

この辺は基本的におっぱい見放題だったりします。

tvmv07-90915_pho01
www.j-cast.com

 

事の始まり - 焼き討ちにされる村

ある朝、ジャガーの村は都から来た傭兵達に急襲され、

平和な日常から一変、地獄絵図へ。
apoc1
https://subterranean.seesaa.net/

 

温和な狩猟民族は必死に抵抗するものの、

最後には殴り殺されるか、残らず捕縛されてしまいます。

 

「アポカリプト」は、このシーンを皮切りに

終始これでもかといわんばかりの残虐描写が連続します。

 

拘束されて身動きの取れない夫の目の前で妻が犯された上殺されたり、

生まれて間もない赤ちゃんが力任せにひったくられたり、

目を潰されて途方に暮れたように泣き叫んでいる女性がいたりと、

人によってはこの時点でギブアップしてしまうかもしれません。

 

 



 

 

この時、ジャガー・パウは咄嗟に妻セブンと幼い息子を古井戸の底に隠しますが、

戦いに敗れ、そのまま敵に捕まってしまうのです。

apo1
https://sorainutsushin.blog60.fc2.com/

 

壊滅した村の中で、セブンと息子は奇跡的に九死に一生を遂げたものの、

井戸から自力で這い上がることができなくなってしまいます。


apocalypto-04
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/

一方、ジャガーは捕らえられた村人達と共に、そのまま連れ去られてしまうのでした。
ここまでだけでも短編映画1本できてしまうくらい
色々なもの(緊迫感とか臓物とか)が詰め込まれた「アポカリプト」ですが、
この後、もっとヤバいことが起こります。

続きを読む

 



 

bigmeilmag

※読んでくれた方はfacebookにシェアしてくれると嬉しいです↓

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ