声優オーディションに受かる自己PR


声優オーディションに受かる自己PR

e269de43

こんにちは、鈴木健人です。

 

今回は、『声優オーディションに受かる自己PR』

についてお話しします。

 

自己PRは、声優オーディションに行けば

必ずやることになる課題の1つです。

 

自分がどんな人間なのか、

事務所にとってどんな役に立つのか、

そんな話を自由にすることになります。

 

自己PRは、審査員の目に留まるキッカケを作る時間と言えます。
 



 

自己PRのポイント

基本的に、声優オーディションを受ける時点では

参加者の実力は高が知れており、

技術や特技を必死でアピールしても

効果的とは言い難い場合がほとんどです。

 

それより、あなた自身の人柄・性格が

伝わるような自己PRを心がけるといいでしょう。

 

「この人が声優になったらどうなるんだろう」

というイメージを抱いてもらうことが大切です。

 

当然ながら『自己PR』に正解というものはありません。

 

もし正解があるなら志望者全員が同じ解答をし、

全員が合格することになるからです。

 

『オーディションに受かる志望動機』でお話ししたような、

あなた自身の「人柄」を伝えるようにしてみてください。

 

「実力」や「才能」をアピールすることは逆効果です。
 



 

ありがちな失敗例

慣れない声優オーディションでは、

つい余計なことをしてしまうことが多々あります。

 

僕が実際に見て来た中で

明らかに審査員が困っていた例を挙げます。

 

  • Y字開脚を披露(体の柔軟性をアピール?)
  • 歌い出す
  • 一発芸
  • 学歴を語る(声優と関係ない)
  • 演技を披露する(演技を見る時間は別にちゃんとあります)
  • 根拠のない自信を熱く語る
  • 「絶対に声優になりたいんです!!」みたいな熱意のゴリ押し

 



 

しかし、最終的には運

ここまで自己PRのポイントや

逆効果なパターンについてお話しして来ましたが、

これらを踏まえて自己PRを行っても、

ほとんどの人はオーディションに合格出来ないのが現実です。

 

それは、声優業界はそもそもの競争率が高すぎて、

合格枠が根本的に少なすぎる為です。

 

そこで、僕は狭き門であるオーディションを受けることなく

いわば裏道から声優になる方法を見つけ出しました。

 

僕が無料で発行しているメルマガ

【21世紀に通用する!声優初心者講座】

では、このような博打同然のオーディションに人生を賭けることなく、

安全に声優になる方法を教えています。

 

運に左右されることなく、

事務所の力ではなく自分の力で声優になりたい方は、

ぜひこのメルマガに登録してください↓

bigmeilmag

※読んでくれた方はfacebookにシェアしてくれると嬉しいです↓

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ