反面教師を上手く使って自分のレベルを急激にアップする方法

2019年8月25日

こんにちは、鈴木健人です。

今日は『反面教師』をどう自分の役に立てるかというお話をします。

 

実はこの話をしようと思ったのにはキッカケがあって、他人の欠点にやたらと反応して「あの人って嫌ねぇ」的なことをいつも言っている人が少なくないので、それはある意味チャンスなのかなと思ってこの記事を書くことにしました。

 

人の欠点が気になる人には特徴がある

まず、他人の欠点ばかりが目につく人というのは、多くの場合、自分の欠点から目を逸らしています。

そもそも人間なんて元々欠点だらけなので、よほどしつこく迷惑をかけらた場合を除き、他人の欠点に不快感を覚えるというのは何らかの心のサインである可能性が高いです。

そして、そのかなり部分を占めるのが、『その人の欠点が自分の欠点である』というケースです。

自分の欠点を他人に見出して不快感を覚えている訳です。

 

「あの人は人の陰口ばかり言っていて性格が悪い」

という陰口をよく言う人とか、

「自分の価値観を人に押し付ける人は最低です!」

という価値観を押し付ける人とか、

「ちょっとでも浮気したら許さない」

と言いながら浮気している人とか、自分を殴ってる状態になってる人ってよくいますよね。

 

人は『自分の欠点を他人に見出して嫌悪感を抱く』ように出来ているんです。

 

『反面教師』を見つけた時は

「自分はあんな風には絶対ならないわ」

と高をくくらず、

『あれが自分の姿かもしれない』

という危機感を持ってください。

 

人の欠点が気になったら

まず、他人の欠点が気になった時は、真っ先に『自分も無意識に同じ状態になっていないか』を疑いましょう。

相手も無自覚にそういう欠点を放置している訳なので、自分だって同じ欠点を自覚していない可能性が大いにあります。

人の問題が『気になった』時は自分の問題に気づくチャンスです。相手を変えるチャンスではありません。

 

まして相手をこき下ろすことで自分の価値が相対的に上がったような錯覚を楽しむチャンスでは全くありません。

(ある意味そうですが時間の無駄どころか自分の精神衛生的にも有害です)

 

それに、大人になったら欠点を真っ向から指摘されることって滅多にありません。

だからこそ、こうした”チャンス”を逃さずに自分の欠点に自分で気付いて自分で改善できる人はどんどん成長するんです。

そして、自分が変われば相手のことなんか気にならなくなります。それが成長のバロメーターとも言えます。

 

人は自分を認識できない

自分を客観視することって実は非常に難しいんです。

人を批判している時に「あなたこそどうなの?」と言われても、9割以上の人は「自分はそんなんじゃない」と思うものです。

(相手もそう思っています)

このことにくれぐれも注意を払ってください。

 

まとめ

人の欠点には気付けるのに自分の欠点には気づけないというのは、ちょっと悲しいようですが、よくあることです。

ただ役者をやっている人なら『客観視』という意識はきちんと持って欲しいです。これは僕自身の課題でもあります。

自分の目から見た世界と他人から見た自分との間の食い違いが大きいと、演技は独善的なものになってしまいます。

特に人を批判することが癖になっている人は、自分が”欠点だらけ”という可能性があるので本当に気をつけてください。

僕もこれに気付かなくて死ぬほど後悔しました。