無料で使える朗読台本①(ド短編/女性向け)


こんにちは、鈴木健人です。
 

このブログでは、声優志望者に使ってもらう目的で

著作権フリーの台本を無料公開しています。

 

ボイスサンプルの作成や、自主的な活動など、ご自由にお使いください。

(寄稿も大歓迎です)

 

【女性向け台本】愛とは何か【朗読】

私は時折、無性に腹が立つ。

期待したものが得られず、真逆のものが与えられた過去を思い出しているのだ。

 

あの人は私を愛しているとしきりに口にしたが、

本当は私を支配することにしか興味がなかった。

 

「黙って言うことを聞かないかぎり、お前はしあわせになれない」

と、私に教えたがっていた。

 

私は彼の口から出る言葉が薄ら寒い綺麗事と自己陶酔に塗り固められた

ペテンであることを知ってか知らずか、無意識に距離を置くことを覚えた。

 

それでも、私もあの人を愛していた。

けれど、お互い愛し合っているなら、なぜどちらかが支配しなければならないの?

 

私が理解できないのはそこだった。

 

今にして思えば、あの人は”そういう愛され方”しかしたことがないのだ。

 

彼にとって、『愛』とはそういうものだった。

お互いが異なるものを同じ名前で呼んでいたのだ。

 

それなら、愛とは何だろう?

実は私にもわからない。

わかっているつもりで、いざ聞かれると答えられない。

 

けれど私は、少なくとも、愛が痛みを伴うものではあってほしくない。

代償を要する存在でもないと信じたい。

 

願わくば、愛は崇高で矛盾のないものであってほしいし、

脳がなければ思考出来ないのと同じく、愛がなければ存在出来ないくらい、

人間にとってかけがえのないものであってほしい。

 

私達が愛で出来ているとしたら、

いつもみたく突然無性に腹が立っても、やがて何もかも赦せる気がするから。

 

(寄稿者:オカモト奈々)

 

→合格率が7倍になる!ボイスサンプル用フリー原稿(無料台詞集)を見る

bigmeilmag

※読んでくれた方はfacebookにシェアしてくれると嬉しいです↓

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ