無料で使える朗読台本②桃太郎(長めの短編/男女混合)

こんにちは、鈴木健人です。

このブログでは、声優志望者に使ってもらう目的で著作権フリーの台本を無料公開しています。

ボイスサンプルの作成や、自主的な活動など、ご自由にお使いください。

(寄稿も大歓迎です)

 

今回は『桃太郎』の再解釈版です。

 

桃太郎と鬼ヶ島の若妻

(イメージ画:http://moshikowa.blog.jp/)

概要

昔話『桃太郎』をモチーフにしたダークファンタジー。ストーリーは人間から見た視点、鬼から見た視点、その中間で揺れる人から見た視点という3つの立場から描かれる

 

推奨キャスト:男性7人 女性4人 ナレーション1人

難易度:☆☆☆☆(結構難しい)

著作権:フリー

尺:90分程度

 

あらすじ

桃から生まれた青年桃太郎は、ある日、柴刈りの帰り道で鬼の盗賊団に襲われるが、たった1人でこれを撃退してしまう。

その噂を聞きつけた町の商人が、「鬼にさらわれた娘と、騙し取られた財宝を取り返してほしい」と桃太郎に依頼して来る。

 

一方、商人の娘イシは、鬼ヶ島で出会った赤鬼ビャッカと恋に落ち、鬼ヶ島での永住を決意していた。ところが、2人の間に子供が生まれた辺りから、ビャッカとの仲は徐々にすれ違い始めていた。

 

そんな中、桃太郎は軍犬を採り入れた名もなき傭兵団と共に討伐隊を結成し、鬼ヶ島への侵攻を開始する。

平和に暮らしていた鬼の村は一夜にして焼き討ちにされ、イシは人間の国に連れ戻されるが、家族と仲間を殺された悲しみから、すっかり人が変わってしまう。

 

やがて桃太郎はイシを妻として貰い受けるが、すっかり塞ぎ込み、「あなたが憎い」と語るイシの姿に、「自分達は無実の者を殺してしまったのではないか」という葛藤を抱える。

 

そして、鬼ヶ島での戦いから1年後、ようやく自分を取り戻し始めたイシの元に、死んだはずのビャッカと、その息子イッカクが現れる。イッカクは憎しみに任せて桃太郎を弓で射殺そうとするが、イシは咄嗟にそれを止める。

「こいつを赦すの?」と問うイッカクに、イシは悩んだ末「赦さない」と答え、重傷を負った桃太郎を置き去りにする形で、家族と共に「鬼が生きていける場所を探す」旅に出ていく。

桃太郎はイッカクに弓で射られた痛みに耐えながら、去っていく3人を黙って見送る。

 

『桃太郎と鬼ヶ島の若妻』本文を読む

 

bigmeilmag

台本

Posted by 鈴木健人