声優・ナレーターに外注依頼!料金相場はどのくらい?


712954の321コピー

声優・ナレーターに外注依頼!料金相場はどのくらい?

 

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

声優・ナレーターの鈴木健人です。

 

今回は、映像クリエイターやゲームメーカー側から見る

『声優のギャラ』

についてお話しします。
 



 

 

『声』の外注依頼 予算はどれくらいが妥当?

アプリゲームやWEB広告などを制作していると、

台詞やナレーションなどの『音声』が

必要になる場合が多々ありますよね。

 

そこで、声優やナレーターを外注で依頼することになる訳ですが、

少し調べてみるとわかる通り、

『声』の料金体系って意外とあやふやです。

 

「業界最安値」を謳う声優斡旋サイトがいくつも存在し、

その料金もサイトによって100文字当たり500円だったり2,000円だったりと、

結局ばらついていたりします。

 

かと言って、料金を高く設定している所ほど

それに伴って高いクオリティを保証しているかというと、

特にそこまで歴然とした差がある訳でもありません。

高品質・低価格の音声サービスはこちら

 

「声」の原価は実質0円……しかし「無料」は危険

 



 

そもそも「声」に仕入れ値はかかりません。

音源の制作も、楽曲に比べるとどうしても平易です。

 

しかし、だからと言って安易に声優を無料で起用することは

あまりお勧め出来ません。

 

というのは、戦略的に無料サービスを提供している人を除いて、

「タダでもいいからやらせてほしい!」

という声優(志望者)は、

品質に自信がない場合が多いからです。

無料サービスの例

 

また、声優本人にその気がなくとも、

お金の絡まない約束を交わすことは

「いざとなったら逃げてしまえばいい」

という状態を作ることでもあります。

 

実際、無料で制作された映像作品やゲームは

制作自体が中途半端に終わっていたり

 

「声優が納期を守らず、言い訳をした」

「声優がダメ出しに耐え切れず、音信不通になった」

といったトラブルをよく耳にします。

 

品質と予算のバランス

 



 

では、声優・ナレーターを外注する際は

どれくらいの予算をかけるのが相場なのでしょうか。

 

実は、この問題は、声優業界でも未だに意見がまとまっていません。

 

人によっても案件によってもギャラはまさにピンキリです。

(同じボリュームでも15,000~200,000円等、普通に10倍以上変動)

 

ちなみに、僕が提供している音声サービスは

このような料金体系となっています(←リンク)。

 

他の声優斡旋サイトは、ギャラの他に

マージン(仲介手数料)も料金に含まれる為、

安くても100文字当たり900円や1500円は普通に取ることが多いようです。

 

また、1ワード(30文字程度)につき200~300円、

といった料金体系を採用している所もあります。

 

あとは、公開されているボイスサンプルを参考に、

自分の求める声やクオリティと

予算を照らし合わせて検討しましょう。

 

もし判断に困った時は

無料で相談に乗りますので、

僕の所へお気軽にメッセージをください。

メッセージはこちらから

 

Skypeでチャットを送っていただいても構いません。

SkypeID:kent-s.neet

 

bigmeilmag

※読んでくれた方はfacebookにシェアしてくれると嬉しいです↓

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ