それでも声優になりたい?怖すぎる声優志望女性の末路・体験談

2017年7月21日

それでも声優になりたい?怖すぎる声優志望女性の末路・体験談

こんにちは、鈴木健人です。

今回は、前回の記事に引き続き、

「声優になりたい」という夢を持ち続けた女性の末路

体験談の後編になります。

 

↓    ↓   前編から読む   ↓    ↓
『お金ないのに声優養成所に通ったらこうなった』

 

「まだ若いから……」が命取り! 人生は巻き戻せない

 



 

こうして声優養成所を『一時的に』辞め、

母親を助ける為に九州に戻ったA子さんは、

家族の面倒を見つつ、

病院でアルバイトをしてお金を貯めることにしました。

 

彼女は

「お金がある程度貯まったら、また養成所に通えばいい」

と考えていました。

 

ところが、1年が経ち、2年が経っても、

充分と言えるお金は貯まりません。

 

そんな折、A子さんは大学時代から交際していた彼氏と結婚。

 

「お前の夢を応援する!」

旦那さんはそんな風に言ってくれていました。

 

しかし、やがて子どもが出来ると、

何かとお金がかかるようになり、

声優になる為の資金を

生活費に回さざるを得なくなって来ます。

 

A子さんは家事や育児に追われながら、

声優を夢見て、寝ずにアルバイトを続けました。

 

気が付くと、同じ年に養成所に入った仲間が2人、

人気アニメに脇役で出演するようになっていました。

 

「お金を貯めて、いつかまた養成所に通おう」

「私も声優になって、仲間と同じアニメに出よう」

 

A子さんはそう思いながら、必死で働き続けました。

 

そして、そのまま20年。

彼女はいまだに同じペースでアルバイトを続けています。

 

A子さんはなぜ選択を誤ったのか?

 



 

元声優志望者のA子さんは今、

「あの時、親より夢を優先すればよかった」

「そうすれば私も今頃○○(アニメ)に出られたのに」

と言っています。

 

とはいえ、養成所の同期を見ても、

無事に事務所声優となって仕事をもらえているのは

たったの2人です。

 

危篤の母親を捨ててまで声優を目指していたとしても、

彼女が声優になることは難しかったのかもしれません。

 

声優養成所は選択肢を『与えてくれない』

 



 

 

では、A子さんは初めから

『声優になりたい』

と思ったこと自体が間違いだったのでしょうか?

 

実は、そうではないんです。

 

声優養成所や専門学校は、

【声優の技術】はしっかり教えてくれるものの、

【その技術を使って食べていく方法】

は教えてくれません。

 

養成所の役割は、

【事務所の為に働いてくれる声優】

を育てることです。

 

だから、声優事務所は養成所や専門学校の中から

『使いたい声優』

だけを引っ張り上げて所属させます。

 

この為、結局、どんなに実力があっても、

どんなに声がよくても、

どんなに容姿やダンスなどの付加価値を持っていても、

声優として生きて行けるかどうかは事務所の担当者次第

というのが現状です。

 

しかし、逆に

【声優の技術を使って食べていく方法】

を学べば、

事務所に選ばれなくても

声優としてしっかりお金を稼ぐことが出来ます。

 

僕が無料で発行しているメルマガ

【21世紀に通用する!声優初心者講座】

では、『声優の技術』はもちろん、そんな

【声優の技術を使って食べていく方法】

をわかりやすく教えています。

 

声優の夢を諦めたくない方は登録してみてください。

登録フォームはページの一番下にあります。

 

※この記事はA子さんの体験談の『後編』です。

↓ ↓ 前編はこちら ↓ ↓
『お金ないのに声優養成所に通ったらこうなった』

 

bigmeilmag