【衝撃】声優の人気はいつまで続くのか?男女別事例


声優の人気はいつまで続くのか?男女別事例

target_image1

こんにちは、鈴木健人です。

 

今回は、『声優の人気はいつまで続くのか?男女別事例』

についてお話しします。

 

このブログで再三お話ししていることですが、

声優志望者にとって『声優になること』は

ゴールではありません。

 

本当に大変なのは声優になってからです。
 



 

 

声優の人気はセミの寿命レベル

声優にも他のタレントと同じように

人気の時期「ブーム」というものが存在します。

 

毎日どこかで声を聴くような大人気声優も、

ブームが過ぎると、新人達に取って代わられ、

いつの間にか見かけなくなってしまうのが普通です。

 

また、このブームの期間も、

男女によって顕著に違ったりします。

 

男性声優の人気はいつまで?

男性声優の場合、

ブームが続くのはおよそ『3年』と言われています。

 

声優業界では、この『3年ルール』を突いて、

人気の男性声優のスケジュールを

向こう3年まで押さえておくやり方が流行っており、

ブームの最中にある男性声優は

予定が3年分びっしり埋まっているというケースもあります。

 

声優のギャラは年功序列方式の『ランク制』に縛られており、

3年後にはブームが去っている上、

契約した時点でギャラが釣り上がっている可能性が高い為、

こういうことが起こるんですね。

 



 

より短い女性声優の人気寿命

ブレイクしても3年で食いっぱぐれるという男性声優に対し、

女性声優の人気は更に短いと言われています。

 

それは実に

『よくて1年』

 

声優志望者の割合としては女性が圧倒的に多く、

その分競争と入れ替わりが激しいのです。

 

また、女性声優はアイドル路線で売り出すパターンも多く、

年齢を少し重ねるだけで

売り出しが難しくなることも関係していると言えます。

 



 

一生食べていける声優とは?

このように、晴れて声優になったはいいものの、

そのまま声優として生きていける人は

『ブレイクした人気声優の中にさえ』ほとんどいないのが現状です。

 

一生食べていける声優というのは、

大塚明夫さんや子安武人さんのように

実力と個性が大衆に受け入れられた

本当に『天才』に近く、しかも強運を兼ね備えた声優と、

 

僕のような

  • 事務所に頼らず、自力で仕事を取ることが出来る声優
  • 時間やお金が圧迫されない形で活動している声優

等が当てはまります。

 

前者は素質や運に依存する部分が大きく、

努力では超えられない壁の向こう側にいる声優達と認めざるを得ません。

 

しかし、後者は『行動』が全てなので、

コツさえわかれば誰でも実現できます。

 

『事務所に頼らず、自力で仕事を取って来る方法』

『時間やお金をかけずに声優になる方法』

については、僕が無料で発行しているメルマガ

【21世紀に通用する!声優初心者講座】

の中で、メルマガ読者限定で詳しく教えています。

 

運やブームに左右されることなく

安定して食べていける声優の秘密を知りたい方は、

ぜひ僕のメルマガに登録してください↓

bigmeilmag

※読んでくれた方はfacebookにシェアしてくれると嬉しいです↓

2 Responses to “【衝撃】声優の人気はいつまで続くのか?男女別事例”

  1. ジミィ より:

    こんにちは、鈴木さん!

    いつも楽しくブログを
    拝見しております、ほんと厳しい現状ですよね

    僕もかつては事務所所属の声優してましたが、養成所で夢みた理想と現場で感じたリアルは全く違いました

    今は、、
    鈴木のように、自由意思てま活動を続ける人の時代なんだと実感します

    自分で仕事をやり、全ての責任を自分で消化する

    そういう生き方は
    ロックだと思うのです

    • 鈴木健人 より:

      コメントありがとうございます。
      まさにその通りですね。

      「既に軌道に乗っている組織に入って行く」
      というのが少し前まで一番成功しやすい生き方でしたが、

      これからは
      「自分で仕事を創り、自分で責任を負う」
      という生き方をする人が一番求められる時代になると思います。

      今はまだジミィさんの仰るように「ロック」な生き方に見えるかもしれませんが、
      恐らく10年以内にはこれが割と普通になってくると思いますね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ