大塚明夫著『声優魂』を客観的に読んだ感想

こんにちは、鈴木健人です。

 

声優界の超大物、大塚明夫さんの著作『声優魂』を読みました。

僕自身は業界的には多分特殊な立ち位置にいると思うんですが、

とにかく今日は素直な感想を語りたいと思います。

 

声優だけはやめておけ

帯にデカデカと書かれた『声優だけはやめておけ』という強烈な一言は、

恐らく皆さんの印象にも残っているかと思います。

 

『声優魂』を実際に読んでみる前は、

「大塚明夫さんは声優志望者の覚悟を試している」

「発破をかけている」

という風に感じていました。

 

でも蓋を開けてみると、

95%ぐらい本音のようでした。

 

というのは、本の序盤の方に

『ここまで読んで声優の道を諦めたあなたは賢いです。このまま真っ当な社会生活を送ってください。

逆に、それでも自分は声優になるんだ! という決意を新たにしたあなた。

それは多分勘違いなので早く目を覚ましてください』

という趣旨の記述があったことからも窺えます。

 

声優という職業の現実

僕もブログやメルマガでさんざん語って来たことですが、

声優で食っていくって本当に至難の業なんですよね。

 

・声優は仕事が来るのを待つことしか出来ない

・大作に出演したからといって、人気が確定する訳でもない

・ある日突然仕事が来なくなるかもしれない

・ギャラや印税も充分とは言えない

 

といった、声優という仕事のシビアな側面を

著作の中で誇張も脚色もなく淡々と教えてくれています。

 

声優志望者の子達に僕が一番強調しておきたいのは、

やっぱり『お金が全然儲からない』という点。

 

夢に向かって突き進もうとしている人達に

『でもお金が』とかってあんまり言いたくはないんですが、

本当ぶっちゃけると

夢を諦める原因ランキングぶっちぎりのナンバー1が

『お金がない』

なんですよ……。

 

僕も夢を追いかけながら何度も何度も

それこそ血反吐が出るほどお金に悩まされて来た身なので

これだけは目を背けないで欲しいです。

 

ちなみに、著者の大塚明夫さんでさえ

キャリアの途中まで土木のバイトをしていたと述懐しています。

 

(完全に余談ですが声優志望者におすすめのアルバイトはこちら↓)

声優志望者におすすめのバイト

 

声優になったら普通の社会には戻れない

『声優魂』の中でもう1つ印象的だったのは、

『この道に入ったら、一般の生産社会にはもう戻れない』

というくだり。

 

この辺については僕も身を持って経験しています。

 

役者になろうと思ったら、

正社員として働く道はほぼほぼあり得ません。

 

僕なんかは高校卒業してすぐ工場に就職したんですが、

役者になろうと思ってレッスンに通い出したら

平日でも度々休まないといけなくなって、

ある日社長に「どっちかにして!」と言われてしまいました。

 

それ以来何年も演技を学ぶ傍らフリーターをやっていたんですが、

もう『芝居の道』も『社会人の道』も

みるみるおぼつかなくなっていくんですよ。

 

芝居に関しては人並み以上に努力はしたつもりですが、

芸事なのでどうしても才能や機運に左右されてしまうし、

何より『やればやるほどお金がなくなる』んですよ、この仕事……(笑)

 

かと言って『あ、俺やっぱ無理だ!』と気づく頃には

恐らくまぁまぁいい歳行っているはずで、

再就職すらも厳しいという状況。

 

あまりこの話はしないんですが、

色々あって1回は本気で自○考えました。

 

「このまま行き着く先は、どっち道ヤバい」

と思ったんです。

 

大塚明夫さんは『声優魂』の中で

『そういう覚悟のある人じゃなければ、この世界に入ってはいけない』

と仰っていました。

 

『それか、声優活動は一時の楽しい思い出として、ピークが過ぎたら生産社会に戻って普通に暮らすのもいい人生だ』

とも仰っていました。

 

どちらも概ね同意見です。

 

大塚明夫さん自身はなぜ声優になったのか?

『声優だけはやめておけ』と言いつつ、

なぜ大塚明夫さん自身は声優をやっているのかというと、

やはりお父様でいらっしゃる大塚周夫氏の影響が大きいようです。

 

大塚明夫さん自身は『親父と同じ仕事だけはするもんか』と思っていたそうですが、

学生時代から色々な(基本的には悪い方の)成り行きが重なって

役者の道に入っていったようでした。

 

生い立ちも時代背景も才能的な面についても、

極めて特殊な例なので、今の声優志望者にとって

『大塚明夫さんのやり方を見習って声優になる』

という余地はほぼ皆無です。

 

個人的な感想

業界の最先端にいる大塚明夫さんの言葉が、

僕が業界に対して感じていることと

だいたい一致していたので、

ちょっと安心した反面、複雑な心境になりました。

 

僕も声優志望者向けのレッスンをやっていますが、教え子達には

『声優を本業にするのはおすすめできない』

とはっきり言っています。

 

ただ幸いにして、今は誰もが複数の仕事を持つ時代です。

その1つに『声優業』が入っている分には何の問題もないと思っています。

 

記事の中盤でも書きましたが、

最大の問題は『儲からない』という部分なので、

お金の問題さえクリア出来れば声優活動は普通に楽しいです。

 

僕自身は、声優になりたい一心でお金やビジネスについて勉強しまくって、

それらの知識を組み合わせる形で声優業を立ち上げたので、

声優魂に書かれている通りの『声優』ではないかもしれませんが、

自分のペースで仕事が出来るようになったので

結果的によかったと思っています。

 

もし僕のやり方に興味がありましたら

僕が無料で配信しているメルマガ

【21世紀に通用する!声優初心者講座】を読んでみてください。