時をかける少女 読書感想文の書き方 例文あり(コピペ非推奨)


時をかける少女 読書感想文の書き方 例文あり(コピペ非推奨)

tuutyrtyq

こんにちは、鈴木健人です。

今回は、小説版『時をかける少女』を題材に、

読書感想文の書き方を例文付きで解説します。

 

コピペで使っても構いませんが、丸パクリするのではなく、

ここでお話しする『文章の書き方』を頭に入れておけば、

「読書感想文が書けない」ということはまずなくなります。
 



 

読書感想文の書き方

『「バケモノの子」で読書感想文を書いてみた』

でもお話ししましたが、文章には「型」があります。

 

この「型」からかけ離れるほど、読みづらく、

何を伝えようとしているのかわかりにくい文章になってしまいます。

 

その「型」とは、いわゆる『起承転結』です。

 

物事を起承転結に当てはめていくことで、

文章は読みやすく、面白くなりますし、

また書き手にとっても書きやすくなります。
 



 

『時をかける少女』の場合

『時をかける少女』は、

細田守監督のアニメ映画『時をかける少女』の

ノベライズ版です。

 

そもそも『時かけ』の始まりは

1980年台の実写映画『時をかける少女』であり、

細田守監督による『時かけ』はその続きの物語であり、

スピンオフ作品的な立ち位置にあるものです。

 

大まかなストーリーは、1人の平凡な少女が

過去の世界に戻る『タイムリープ』の能力に突然目覚め、

タイムリープを使って学校生活を楽しくしようとするお話です。

 

そんな『時をかける少女』の読書感想文を

起承転結に当てはめて書くなら、

例えばこのような流れになります。
起:読書感想文の題材に『時をかける少女』を選んだ理由、あらすじ

承:あらすじを見て思うこと

転:自分がタイムリープを使えたら

結:『時をかける少女』から学んだこと
 



 

具体的な例文

次の記事では、この「型」を使って、

実際に『時をかける少女』の読書感想文の例文を書いてみようと思います。

 

丸々原稿用紙5枚ぐらい埋められる内容になりますので、

どうしても宿題が間に合わない場合は

そっくりコピーして使っても構いませんが、

 

なるべくならこの『読書感想文の書き方』を覚えて、

オリジナルの読書感想文を書けるようになりましょう。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
続き『時をかける少女』の読書感想文 例文』を読む

bigmeilmag

※読んでくれた方はfacebookにシェアしてくれると嬉しいです↓

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ