演技初心者が1日で役者になる演劇ワークショップ(第1回レポ)


 

こんにちは、鈴木健人です。

 

今までは「声優の鈴木健人」と名乗っていたんですが、

近頃は声優業に限らず

色々な仕事をするようになって来ました。

 

初の演劇ワークショップを主催

今年の2月14日は

メルマガ読者さんに声をかけて

【初心者が1日で役者になる演劇ワークショップ】

をひっそりと開催しました。

↑ワークショップの様子。各自で台本を読み込んでいる所。

今思えば場所が本当に素晴らしかった(笑)

 

どんな内容をやったの?

今回のカリキュラムはこんな感じです。

 

1.「役者の身体(心)」を持つという発想(講義)

2.上達の為に不可欠な「心の状態」を管理する方法(講義)

3.架空の小道具を扱うエクササイズ

4.ありふれた一言に感情を込めるエクササイズ

5.演技実践(台本)

 

参加者はどんな人達?

・声優志望者

・高校生

・駆け出しの劇団員

・演技未経験者

など、演技に興味を持つ若い人達が中心に集まりました。

 

中には経験者もいましたが、

特に上下関係のような空気が流れることもなく、

みんな初対面同士なのにクラスメイトみたいに接していました(笑)。

 

同じ夢を持つ人達って、

「出会う前から」仲がいいものなのかもしれません。

 

ワークショップの様子

うーん、いい笑顔だ。実に楽しそうです。

ちなみにしゃがんでいるのが僕です。

 

感情を剥き出しにする18歳の女の子。

激しい場面にも関わらず、

少しも尻込みせず見事に熱演してくれています。

 

なぜか自分も参戦。

(拳銃は参加者の1人が趣味で持参したもの。

この場面と一切関係ないのに、いい味出してます/笑)

 

参加者達の声(アンケートより一部抜粋)

すごく楽しかったです!

これからもよろしくお願いします!

・様々な方の演技が見れた

・すずきさんの演技がすごくリアルで見ていて話にのめりこんだ

今日学んだこと

演技の時、呼吸や相手とのやりとりが思っていたよりむずかしかった。

楽しかったこと

今まで何かを演じる事をした事がなかったのですが

やってみると楽しく、他の人の演技をみた時見入ってしまいました。

普段は劇団の代表の台本しかしないので、

とても良い体験になりました。Thank you!

 

初対面とは思えない仲の良さ

 

ワークショップは夕方6時に終わり、

「ご飯行く人~」と声をかけてみたら

なんと全員ついて来てくれました(笑)。

 

笑い合ったり、真剣な話をしたり、

まるで旧知の仲のようなメンバー達。

 

みんな自然体で、心を開いているのがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、しまった。自分が写っていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝。バラ公園にて(全然咲いてなかった)

 

このワークショップに参加すると――

僕のワークショップでは、

「気楽」であることを何よりも重視しています。

 

根性論では正しい演技は身に付きません。

 

心が本来の自然な状態にあり、

無理に楽しむのではなく、心から楽しんでいて、

「やりたくないことはやらなくていい」

という安心感があってこそ、

演技というのは上手くいきます。

 

このワークショップは、

演技に対して躊躇や不安を感じている未経験者の方に

これ以上ないほどうってつけです。

 

また、演技を学んでいるけれど

行き詰まりを感じている、という方にとっても、

本来の心を取り戻し、

新しい冒険に出るキッカケとなるでしょう。

 

ワークショップに少しでも興味のある方は

↓のフォームからメルマガにご登録をお願い致します。

(定期的にメールで参加者を募集します。地方にも行きますよ!)

 

 

bigmeilmag

※読んでくれた方はfacebookにシェアしてくれると嬉しいです↓

One Response to “演技初心者が1日で役者になる演劇ワークショップ(第1回レポ)”

  1. 大久保亜美 より:

    お疲れ様でした!
    初めてのワークショップ、誠におめでとうございます。
    楽しそう♪
    これからも鈴木さんらしく、益々のご活躍を楽しんでください!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ